パーソナルジムでの糖質制限とは?

これまでダイエットと言えば食べる量を減らすというイメージでしたが、炭水化物ダイエットとも呼ばれる糖質制限ダイエットは、糖質を含む食べ物をターゲットに摂取量を制限することにより行うダイエット方法です。

炭水化物・糖質を含む食べ物以外は特に摂取制限がないことから最近人気が出て、多くのパーソナルジムでも採用しています。しかし、糖質を含む食べ物は思った以上に多く、お菓子、ご飯、パスタなどだけでなくイモ類やかぼちゃなど野菜の中にも多く含むものがあります。

また、糖質の多い食物ほど嗜好性が高いので困りものです。

また炭水化物は一般的な食事をしている場合、1日に摂取するカロリーの約半分を占めていると言われます。そのため、きちんとした知識がないと健全なダイエットに成功することはできません。

糖質制限ダイエットが効果的な理由とダイエットジムに通わず成功させるポイントをチェックしてみます。

burger-146548_640

糖質を制限することはなぜダイエットに有効なのか?
1.摂取カロリーの減少
ヒトは食べ物から摂取した脂質や炭水化物(糖質)をエネルギーに変換して生きています。炭水化物はエネルギーへの変換率が最も高く、一日に必要なカロリーの半分を占めるとも言われているので、炭水化物の摂取を控えることはカロリー摂取を減らすことに直結します。
2.蓄えられている脂肪の燃焼
摂取する炭水化物の量が減ると、身体は変換するエネルギーが入ってこないので、体内に蓄積された脂肪を分解してエネルギーに換えようとします。これがいわゆる脂肪燃焼で、ダイエット効果があります。
3.血糖値の上昇を抑える
炭水化物を摂取して、血液内の糖分量、つまり血糖値が上昇すると膵臓からインスリンというホルモンが分泌され、血糖値を下げるために余分な糖を脂肪細胞に溜めこもうとします。このため血糖値が急激に上がれば糖分は脂肪になりやすいのです。さらにインスリンの働きで血糖値が急激に下がると、いわゆる低血糖状態になり脳が糖を要求し、食欲が出るという悪循環が起こるのです。

fotolia_90149017_xs

糖質制限ダイエットの基本やポイント

糖質を減らす代わりに、1日3食はしっかりとバランス良く食べることが大事です。糖質制限ダイエットでは、一日の炭水化物130g程度を目標にしますが、その分減らしたカロリーをたんぱく質や脂肪など他の栄養素で補う必要があります。

また、1日の総量が同じなら、回数を分けて食べた方が1回の食事が少なくなるのでインスリンの分泌も少ないので脂肪の合成も少なくなります。

脂肪分というとダイエットの敵というイメージですが、良質な油の摂取は、血中のコレステロールや中性脂肪等を排出し、ダイエットにも効果があるのです。

糖質50gと言ってもピンときませんが急に調整せず、ご飯の量を少しずつ減らす、あるいは3食のうち1食は炭水化物を抜くなど少しずつ始めるのがポイントです。