ダイエットジム似通わないでの糖質ダイエット

糖質制限ダイエットのメリット

糖質制限ダイエットの最大のメリットは、米や麺、パン、食後のスイーツなど糖質を多く含む食べ物さえ摂取を制限すれば、肉類などタンパク質や脂質はいつものように食べられるところです。

お酒も焼酎、ウィスキー、ブランデー等の蒸留酒であれば飲むのも許されます。とても簡単そうで魅力的なダイエット法なのですが注意点やデメリットはないのでしょうか。

 

糖質制限にデメリットはないのか?

医師の中には、糖質制限のダイエット効果に対して否定的な人も多いです。その理由は長期間追跡した臨床データが無いことに加え、安全性に科学的な根拠がないとされているからです。

ですが、実際にダイエットジムで採用され、糖質制限でコレステロール値、血糖値等が改善されダイエットに成功した事例も多く、糖質制限に理解を示す医師も増えています。

糖質ダイエットでは、人間の活動の約半分を担う重要なエネルギーである糖質の摂取を控える代わりに肉類の摂取を奨めています。

ダイエット中に肉類を食べられるというのが糖質制限の最大の魅力なのですが、豚肉や牛肉に偏った食事の摂取は心臓疾患などかえって別の病気のリスクを招きかねません。バランスよく食べることが必要です。

糖質制限ダイエット生活におけるポイント

①糖質に代わるエネルギー源として牛肉、豚肉、鶏肉、魚介類、豆類、乳製品などタンパク質、脂質が主成分の食品はしっかり食べる。
②お菓子やご飯、麺類など血糖値を急激に上げる炭水化物の摂取は極力避ける。
③酒類はウィスキー、焼酎、ブランデー等の蒸留酒、糖質ゼロの発泡酒を選ぶ。
④野菜や海藻類、キノコ類もバランスよく摂る。
⑤野菜の中に①もイモ類やカボチャなど糖質を多く含むものもあるので気を付ける。

リバウンドの心配

糖質制限中止と同時に、体重が元に戻ってしまった例もあるようで、これは糖質の摂取を再開した途端、効率的に糖質を取り込もうとしてかえって吸収が良くなってしまうからと説明されます。
ただこれは、摂取カロリーと消費カロリーのバランスの問題であり、一概には言えません。消費カロリー以上のカロリーを摂取すれば、やはり余分なお肉として蓄えられるでしょう。

糖質制限ダイエットの安全性

医師の中には糖質制限ダイエットの安全性を不安視する方はいます。しかし、ダイエットの理論としてはわかりやすく、いろいろな方法のダイエットが流行っては消えていく中で残っている方法であり、有名なダイエットジムでも採用している方法でもあります。
体調を見ながら少しずつ始めて見るのもよいのではないでしょうか。